とっとりいきいきシニアバンク「生涯現役」
0857-59-6336
お問合せ お気に入り

HOME活動紹介

活動紹介

2017年3月18日

 「大山には日本を代表する小説家や歌人、俳人が続々訪れているのに、その記録も文学碑もほとんどありません」-。私たちの大山さん講座の最終回が3月18日、米子市の日本海新聞西部本社であり、鳥取県の近代文学史研究家の竹内道夫さんが「神の山・大山さんは文人あこがれの山~文学にみる大山~」について講演し、「大山の素晴らしさに気づき、県民の宝をもっと自慢しよう」と呼びかけました。1月から6回にわたって続いた大山さん講座は毎回100人を超える受講生でにぎわい、全講座出席の塚田宗彦さん(米子市昭和町)ら50人に修了証が贈られました。
 竹内さんによると、大山を訪れ、作品に残した主な文人たちは大町桂月、田山花袋、木下利玄、島崎藤村、荻原井泉水、碧川企救男、与謝野寛・晶子、高浜虚子、志賀直哉、前川佐美雄、日野葦平、三好達治、水上勉、平岩弓枝、大江賢次、生田春月、井上靖、斎藤茂吉、司馬遼太郎など。
 このうち、美文家の大町桂月が紀行文集「一衰一笠(いっさいいちりゅう)」(明治34年)で、島根半島から美保湾ごしに眺めた大山について、「高尾山に登って夜見ケ浜を見下ろせば、天の橋立は見るに足りない」と指摘し、大山の景観が全国で一躍有名になったといいます。この「一衰一笠」は、当時の米子中学の生徒必携の書として利用されたそうです。
 また、俳誌「ホトトギス」を主宰する高浜虚子一行100人が大山吟行をした際、昼食に栗飯、とろろ汁、ウドの粕漬け、コウタケの白和え、大山豆腐などの精進料理でもてなしを受けたそうで、俳誌などで「都会では味わえない大山料理」が広く紹介されたといいます。この時の虚子の句「秋風の急に寒しや分の茶屋」が大山寺参道に建立されています。
 さらに、昭和の初めに新聞社が「日本新名勝俳句」を全国公募したところ、鳥取県の大山、三朝温泉、浦富海岸を含めて133景が選定され、寄せられた俳句は10万3千句余りにのぼったといいます。そのうちの20句が帝国風景院賞に選定され、米子市の安部東水さんの大山詠「笹鳴や春待ち給ふ仏達」が晴れて受賞し、その句碑も大山寺参道に設けられています。
 しかし、大山山麓にある文学碑は、この2つと地元出身の大江賢次と生田春月のものくらい。あとは大山登山道近くの蓮浄院跡に志賀直哉の「暗夜行路ゆかりの地」という石碑があるくらい。竹内さんは「鳥取砂丘や三朝温泉には、しっかり文学碑が整備されているのに、大山は皆無と言ってよい。日本に誇る県民の宝をもっと磨かなければ」と残念がっていました。

一覧に戻る