とっとりいきいきシニアバンク「生涯現役」
0857-59-6336
お問合せ お気に入り

HOME活動紹介

倉吉まちゼミ・おひなさまを飾ろう         人形のたいら

2019年11月20日

 シニアバンクに団体登録している倉吉商工会議所の「まちゼミ」が12月2日まで開かれています。それぞれのお店が〝先生〟になって、お客様に専門知識やお得情報を伝えるセミナーです(原則無料)。ファンづくりや商店街の活性化が狙いです。今年は27店が参加し、「学ぶ」「つくる」「きれい」「食べる」「健康」の5テーマで34講座が予定されています。そのいくつかを紹介しましょう。
×      ×      ×      ×       ×
 打吹山のふもとの野島病院の近く、倉吉市西町の人形のたいらで「ひな人形の選び方」と「おひなさまの飾り方リメイク術」講座がありました。講師は新社長の平真さんと実母の和子さん。倉吉市内や北栄町のお母さんたち4人が受講しました。
 平社長によると、ひな人形の代表的な産地は人形師が集まる埼玉や京都ですが、頭や道具などの部品づくりは全国各地に散らばっており、しかも海外生産がほとんどで、商品をセットする問屋が業界を左右し、職人技が失われつつあるそうです。平さんらは「素材・技術・象形」にこだわる工房仲間と組んで、一貫生産体制をつくり、職人を育てています。
 とくに力を入れているのが「和の文化を通じたお客様の幸せづくり」。1月7日(七草の節句)▽3月3日(桃の節句)▽5月5日(端午・菖蒲の節句)▽7月7日(七夕・笹竹の節句)▽9月9日(重陽・菊の節句)―の5節句があるように、日本人は節目節目に行事を設けて四季を過ごし、健康を祝い、ご先祖様に感謝してきました。おひなさまやかぶとやこいのぼりなどを飾るのは、見栄ではなく、生活のリズムや日本人の心を忘れないためだといいます。
 そこで講座です。近年は家族が減り、部屋が少なくなり、畳の部屋がなくなってきました。孫の誕生などで贈った7段飾りのおひなさまが、押し入れにしまわれたままという家庭が少なくありません。それでは「おひなさまがかわいそうだ」「おじいさん、おばあさんの元気に育てよという思いを無にしてしまう」というわけで、和子さんが活用術を伝授しました。
 和子さんによると、大切なのは日ごろからおひなさまを飾ること。床の間がなければ、玄関でもタンスの上でもテレビの横でもよいそうで、帯などを活用すれば、見事なインテリアになることを伝えました。「だいりびなだけでもいいし、3段にしてもいい。こだわりを捨てて飾れば、昔の思い出がよみがえってきます。桃の節句には、その前でちらし寿司でも食べれば、老夫婦も会話がはずみます」と勧めていました。
 人形のたいらでは、壊れたおひなさまや小道具などを修理するサービスもしています。

「おひなさまも飾りも直せます」と平社長(左)

7段飾りを3段に飾り直して、お客さんと「ハイ、ポーズ」(右が平和子さん)

おひなさまも、こうして飾れば、年中楽しめる

「人形のたいら」2号館と「おもちゃと駄菓子の店」たいら

一覧に戻る