とっとりいきいきシニアバンク「生涯現役」
0857-59-6336
お問合せ お気に入り

HOME活動紹介

活動紹介

2016年10月11日

 米子市・淀江町公民館の宇田川分館で10月11日、学習講座「似顔絵教室」がありました。講師はシニアバンク登録の加藤哲英さん(鳥取県美術家協会長)。「似顔絵の基本は、その人の顔かたち。丸いのか、長いのか。目と鼻の位置も決め手」とアドバイスを受けて、9人が挑戦しました。
 県美協のリーダー・加藤さんは、今でも毎年、千人余りの似顔絵描きを続け、その人物画の数は2万点を超えるといいます。その代表作は日本海新聞に連載された「米子点描」の風景画とともに、「西部人物伝」などがあり、本にもなっています。
 加藤さんの作風は特徴をとらえた手早いスケッチが売り物。「女は美しく、男はりりしく、描いてあげることも忘れないで」と指導しました。参加者は加藤さんに自らの似顔絵も描いてもらい、記念に持ち帰りました。

一覧に戻る