とっとりいきいきシニアバンク「生涯現役」
0857-59-6336
お問合せ お気に入り

HOME活動紹介

活動紹介

2016年8月28日

 岩美町・岩井温泉にある軽費老人ホーム里久の里(田中謙施設長)に入居している川村正子さん(83)ら3人が手編みを習い直したいと、8月27、28日の2日間、シニアバンク登録のリフォーマー・畑井章子さんを招いて教室を開きました。川村さんらは、これを機会に手芸活動を始めるそうです。
 川村さんは青森県生まれ。大阪に住んでいたころ、日本海や砂丘がある鳥取が好きになり、3年前に里久の里の住民に。入居者仲間とともに温泉や散歩を楽しむ毎日を送っていらっしゃいますが、「時間はたっぷりあるので、正しい手編みを習い直して帽子をつくろう」と呼びかけ、シニアバンクに照会して教室開催の運びとなったものです。
 カギ針を使った手編み教室では、畑井さんから「くさり編み」「駒編み」「引き抜き編み」などを学び、編み目を数えては、毛糸をほどくシーンが何度も。「編み目の数が違うと、帽子の形がゆがみます」とアドバイスを受け、根気よく手編みに挑戦されていました。

一覧に戻る