とっとりいきいきシニアバンク「生涯現役」
0857-59-6336
お問合せ お気に入り

HOME活動紹介

活動紹介

2017年10月29日

 倉吉市の「灘手こ~まい秋祭お楽しみ演芸館」が灘手小学校であり、鳥取市のサックス奏者・澤田勝さんがゲスト出演。中部地震からの〝福興〟に励むみなさんにサックス演歌を届けました。
 こ~まい秋祭は灘手校区(9集落、約300世帯)のメーンイベント。ちびっ子からお年寄りまで総参加で実りの秋を祝うとともに、それぞれの集落やサークル活動や演芸を発表し合う交流の場。昨年は中部地震で中止したものの、長年続く伝統行事です。
 今回は灘手保育園児や倉吉東中灘手生徒会のダンスなどの発表に加えて、7つの集落が寸劇や演芸を披露し、練習の成果を競い合いました。また、日野高校の荒神神楽とともに、シニアバンクに登録するサックス奏者・澤田さんもゲスト出演し、祭りに花を添えました。
 澤田さんは「長崎は今日も雨だった」「糸」など4曲を披露。むせび泣くようなサックスの演奏で約300人の観客を魅了し、会場には口ずさむ人も。アンコールの「なみだ恋」が終わると、何度も大きな拍手が起こりました。
 秋祭実行委員会の馬壁誠児委員長は「校区内にはまだブルーシートが残るものの、2年ぶりの秋祭。みんな盆のころから準備や練習を重ね、それぞれ実りの秋を楽しみました。元気をいただきました」と喜んでいました。

一覧に戻る