とっとりいきいきシニアバンク「生涯現役」
0857-59-6336
お問合せ お気に入り

HOME活動紹介

活動紹介

2017年6月29日

 障がい者の職業能力の向上などを目指すアビリンピック鳥取大会が6月29日、鳥取市伏野の県立福祉人材研修センターであり、倉吉ギターアンサンブルのみなさんがゲスト出演。「ゲゲゲの鬼太郎」など8曲を披露し、ギターの優しいハーモニーで大会参加者を激励しました。鳥取ギターアンサンブル・アミーゴも友情出演しました。
 アビリンピックは鳥取労働局や鳥取県などが毎年開いており、今年も85人が喫茶サービス、ビルクリーニング、フラワーアレンジメント、パソコン入力など8種目を競いました。成績優秀者は11月の全国大会(栃木県)に進みます。
 倉吉ギターアンサンブル(松田晴義代表)は成績発表前のアトラクションにゲストで出演。鳥取ギターアンサンブル・アミーゴの奥村隆一さんらも友情出演し、8人の編成でクラシックギターの優しく、暖かい音色で大会参加者の健闘を労いました。
 演奏曲目は8曲。星取県にちなんで「見上げてごらん夜の星を」、境港にちなんで「ゲゲゲの鬼太郎」などを40分にわたって演奏し、息の合ったアンサンブルを届けました。松田代表は「クラシックギターはいくつになっても楽しく続けられる楽器。無料で手ほどきしますので、仲間になりませんか」と話していました。
 連絡先は倉吉ギターアンサンブルが☎0858-28-5447松田さん、鳥取ギターアンサンブル・アミーゴが☎080-1942-0765奥村さんまで。

※写真:倉吉と鳥取のギターアンサンブルのみなさん
 動画上:「見上げてごらん夜の星を」
 動画下:「ゲゲゲの鬼太郎」

一覧に戻る