とっとりいきいきシニアバンク「生涯現役」
0857-59-6336
お問合せ お気に入り

HOMEお知らせ一覧「55歳からのいきいき就活フェア」にシニアバンクも出展しました!

「55歳からのいきいき就活フェア」にシニアバンクも出展しました!

「いきいき就活、生涯現役!」

 

 米子市は高齢者の就業や生きがいづくりに力を入れていますが、米子コンベンションセンターで2月13日、「55歳からのいきいき就活フェア」があり、鳥取県社会福祉協議会のシニアバンクも出展し、生涯現役をPRしました。

 米子市生涯現役促進協議会(米子市社会福祉協議会、鳥取県シルバー人材センター連合会などで構成)が開いたもので、県西部の旅館、食品製造、タクシー、警備、学童・介護施設など20の事業所と県立米子ハローワークなど7団体が出展し、それぞれの事業説明やPRを展開しました。

 フェアには、この春に定年を迎える人や転職を考えている人、自由な時間を活用したい人など120人が訪れ、お目当てのブースを回って事業状況や就業条件などを熱心に聞いていました。シニアバンク「生涯現役」のブースにも立ち寄る人が多く、「社会のお役に立ちたいので、登録したい」「体に無理のない仕事を探している」「自営業を立ち上げたいが、支援制度を紹介してほしい」などの相談がありました。

 米子市生涯現役促進協議会は平成28年末、国の事業認定を受けて誕生したもので、高齢者がはつらつと活躍できる「生涯現役」の社会づくりを目指しています。

 協議会のまとめによると、開拓した求人件数は50事業所、求職者180人で、これまでに67人の就業が実現したといいます。米子市の産業・雇用戦略室の鵜篭博紀室長は「人手不足が深刻で、高齢の方々の社会参加がますます求められています。引き続き求人・求職の開拓などを進めていきます」と話していました。

  

  3102132.JPG        3102131.JPG

 ※55歳からのいきいき就活フェア会場(米子コンベンションセンター)     ※「生涯現役」について相談中(鳥取県社会福祉協議会のブース)