とっとりいきいきシニアバンク「生涯現役」
0857-59-6336
お問合せ お気に入り

HOME活動紹介

活動紹介

2017年10月22日

 三朝町の福祉センターで福祉まつりがあり、関金竹細工クラブの西田輝明さんと山崎重三さんが竹細工体験コーナーを担当しました。子どもから大人まで約20人が参加し、ウグイス笛とコースターづくりを体験しました。
ウグイス笛は二本の細い竹を組み合わせるだけで簡単に作れます。小さな丸い穴を開けた竹に、先を斜めに切り落とした竹をくっつけ、息を吹きかけると、ウグイスのような甲高いとてもきれいな音が鳴り、子どもたちは喜んでいました。
 コースターは薄く細く割いた竹を織り合せることででき、色の違う竹を織り交ぜていくことで、趣のあるきれいな模様が出来上がります。子どもたちは「これも作ってみたい!」と挑戦。なかには、大人顔負けの器用さでさくさく作っていく子どももいて、西田さんは「早くて、しかもきれいに作れてすごいなあ」とほめていました。
 ボランティアをされている方は、「ウグイス笛のようにきれいな音が出るものがあると高齢者にも喜ばれる。体験できてよかった」と満足そうでした。
 関金竹細工クラブはモノづくりの楽しさを広めようと、公民館や小・中学校などで竹細工教室を積極的にご指導されています。

 ※写真上:西田輝明さん
  写真下:山崎重三さん

一覧に戻る